映画悪の教典の監督と脚本は誰?【何故あの内容に・・】

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

はい、今日はこちら。

映画悪の教典です。

この映画の監督と脚本について解説します。

 

この映画の評価を見ていると、

「楽しめましたよ〜」

と言っている人も多いのですが、

 

物語の重要な部分をはしょり過ぎだ!

原作の蓮実は、あんなのじゃない!

 

と、酷評している人が多いんです。

 

何があって、あの内容になったのか?

 

というのが気になったので、

映画悪の教典の監督と脚本について解説します。

スポンサーリンク
<スポンサーリンク>

スポンサードリンク

映画悪の教典の監督と脚本は誰?【何故あの内容に】

出典:goo.gl/3jnVCB

映画悪の教典の監督、脚本共に三池崇史さんです。

 

三池崇史は映画の監督をする時、

脚本は別の人が担当する事が多いのですが、

今回は原作に思い入れがあったのか脚本も書いています。

内容をはしょり過ぎの声が・・

悪の教典は、映画版「悪の教典」(128分)と、

悪の教典-序章-というタイトルでスピンオフのドラマが作られています。

 

悪の教典-序章-は、映画悪の教典の3ヶ月前を描いていて、

蓮実のアメリカ時代のエピソードや、

 

蓮実がいかにして学園内で、

信頼を得る様に仕組んでいるのかが描かれています。

 

本編の映画と比べて派手さは無いが、

蓮実というキャラクターや、

他のキャラクターのエピソードも描かれているので、

映画を見る前に見ると、映画が引き立つ作りになっています。

 

監督は三池監督ではありません。

 

映画悪の教典を見た人の意見を紹介します。

良くなかったという意見です。

※勿論良かったという意見もたくさんありますが、

それは省略しています。

・最初から何故蓮見が慕われているのか分からない。

・蓮実がただ殺しまくる映画。

・話の流れが全て物足りなくて、殺戮シーンだけが延々と続く。

・2時間に駆け足で詰め込みすぎ。

・本当に頭のいい奴ならこんな殺り方はしない。

・命というものを軽んじてる映画です。

・途中からはB級ホラーあるある。

 

と、こんな意見が多いです。

 

確かに私がこの映画を見て感じたのが、

蓮実が何故、人を殺すのか?

という事です。

 

子供がいじめに合っていると言って、

職員室に来るあのオッサンを殺した事や、

 

蓼沼という暴れん坊の生徒を殺した理由も分からない。

 

確かに、うざいオッサンだったけど、

殺さなくてもいいじゃない!

 

別に、殺さなくても蓮実は深刻な事態にならないのに、

わざわざ殺す必要があるのか?

 

と思ってしまいました。

 

蓮実はサイコパスの設定だったはず。

 

サイコパスは他人に共感しないとか、

色々な特徴があったが、

 

映画の蓮実はサイコパスと言うより、

単なる殺人狂の男として描かれていると感じました。

 

しかも、ショットガンが喋り、目を開くという、

幻覚まで見えている。

 

この映画のラストで、

警察に捕まった蓮実は、無実になる為の演技をして、

二階堂ふみが、「もう次のゲームを始めている」と指摘していたが、

あんな幻覚が見えているんであれば、

本当に無実になっても不思議はない。



元々脚本は別に有った

実は映画悪の教典は別に台本がありました。

しかし、その台本を止めて三池監督が書き直しました。

 

インタビューで三池監督はこの様に語っています。

 

映画の台本は、原作者や製作者など、色々な人の意向をくみ取って書くもの。

 

最初の台本は、そういう物を色々考え過ぎていた。

 

もっとシンプルにしたかったと語った。

 

なので、おそらく最初の台本はもっと色々な描写があったと思うのですが、

あえて三池監督が削り取った様です。

三池崇史は何を描きたかったのか?

三池監督は台本の中の様々な描写を削り取った。

それは、私が思った、何故蓮実は人を殺すのか?

 

という動機、理由の部分や心理描写です。

 

三池監督はこう語っています。

たくさんの人を殺すことの建前が必要だったり、映画の意義みたいなものだったり。でも、それはハスミンには通用しないんですだからこそみんな、ひどいやつだと思いながら、どこかで「ハスミン」と呼んでしまう、どこかで彼を応援している。

恐ろしいのは、(観客が)差別をし始めているということ。映画を見ながら、ある人物が殺されたとき、その人の断片しか見ていないのに、先入観で「よくやった、こいつは死んでもいい」と思っていたりする。
(蓮実を)ひどいやつだと思いながら、(散弾銃の腕前が)百発百中だと感心していたりする。

引用元:goo.gl/y3aSn1

悪の教典:三池崇史監督に聞く 久々のバイオレンス映画「やっぱりハスミンみたいな人が好き」より

この発言を聞いて、ちょっとハテナって感じになりました。

 

確かに伊藤英明の演技は悪くなかったけど、

あの伊藤英明の蓮実が見ている人は好きになるだろうか?

 

見ている人の心の中に芽生える、

差別の心も描きたかったという事もおっしゃってますが、

 

その意味は、映画の中でうっとうしいキャラクターが、

蓮実に殺された時、こいつは殺されてもいいと、

逆に、良くやったと思ってしまう心理の事。

 

確かに、偉そうな東大を目指しているガリ勉が殺された時は、

別に可愛そうだとは思わなかったし、

 

蓮実に見つかって、抵抗せずただ、

「ギャー、ギャー」とわめいて停止しているだけの生徒は、

逆に見ていてイライラしたが・・

 

要約すると、蓮実が殺しまくる所を、

面白く見せたかったという事が答えだと思います。

 

私は映画を見て、蓮実の事をハスミンとは愛称で呼ぶ気になるほど、

魅力は感じなかったというのが感想です。

 

素材はいいのに、勿体ないな〜

と思う映画でした。

悪の教典を見る

映画「悪の教典」はU-NEXTの無料トライアルを利用すれば、

今すぐ見る事が出来ます。

お支払い情報の登録は必要ですが、

無料期間のみの利用も可能なので気楽に見れます。

U-NEXT無料お試しページ

<スポンサーリンク>




おすすめ記事

映画悪の教典の感想【序章を見てから映画を見た方がいい】

悪の教典 序章とは?ネタバレ解説【映画との違いや繋がり】

悪の教典続編は作られるのか?ネタバレありで解説ラストやあの音楽も

悪の教典映画版のラストを解説【目やセリフの謎】